2018年10月11日木曜日

ベルリン日々問い 13 作品作り

日本での活動ももちろん今でも続いていて、共同作業としてのクリエーションも続いている。けれども、私の今までの活動の積み重ねは徐々に、パフォーマンスから遠のいていく。自分の問いに向き合い続けていくと、線引きされた「プロフェッショナル」やら「個人」やら舞台上で人に見せる「価値」や「芸術的価値」や「評価」などなど、そういったことに疑問をもち、そういった線引きを解こうとすればするほど、パフォーマンスから遠ざかって行く。そうしてでも見つけたいものに向き合っているので、この部分はもちろん自分で納得していることでもある。しかし、ベルリンでいろいろな経験を重ねている時に、自分がパフォーマンスをしたいと思うことが多々ある。ここで、まだ何者でもない一人になって、私自身の中にどんな創造的欲求があるのか?もう一度問い直したくなってくる。けれども、気がついたら森の中で道に迷っているような、私は何がしたかったのだっけ?という途方にくれる状態になったりしている。しかし途方にくれる時には途方にくれるしかないのかもしれない、と今日になって思って、途方に暮れたままで舞台に立ってみようか、と思い直している。ちゃんと途方にくれることができるのか?でもそれが「目的意識」になると本末転倒である。それは「途方に暮れている」ことをやろうとすることで、真に途方にくれてはいないから。私が何かを探そうとするといつもそういうパラドックスに突き当たる。禅問答のようだ。

2018年9月29日土曜日

ベルリン日々問い 12  Kuala Lumpurに行ってきた

ベルリンに住むようになってから、時々ここから別の海外に行くということをするようになって、なんだかとても不思議な感じがする。
Kuala Lumpurはマレーシアにあるのだけれど、今回私が参加した「Jejak Tabi旅」という企画はジョグジャカルタのアーティストとクアラルンプールのアーティストの両方が中心に参加するものだけど、いくつかの他の地域、インドやバングラディッシュやスリランカのアーティストもいて、様々なアジアの人々が集っていた。会場となる大学では学生がスタッフもかねていろいろ助けてくれていて、彼らの雰囲気はとても無邪気な感じがする。アジアの人々の雰囲気は本当にとても無邪気で素朴で、でもとても知的なのだ。様々な難しい状況の中で生きていてもここで出会う人々はみな、とても穏やかでやさしい雰囲気に満ちている。ともすると誰かに利用されたり騙されたりしてしまいそうにさえ見える時もある。

ところで、ベルリンにいるとすごい様々なサバイバルがあって、家賃は上がるし、部屋は見つからないし、生きるのが大変だ。そういう状況の中で、人というのは刺激されれば欲望が渦巻いたり、不安から脱しようと経済的に有利になろうとして誰かを犠牲にしたりしてしまう。誰かの足元見たり、騙したり、すこしでも自分が有利になろうとしてしまうこともある。そういう生々しい拮抗する感じがここにはある。出会う人々は、優しいと思うことの方が今はまだ多いけれど、激しい葛藤も同時に感じる。ここでは、うかうかしては生きていかれないというようなヒリヒリした感じもある。日本にいる時みたいにぼーっとはしていられないというような。

でも、私はどうしたいのだろう?不安との付き合い方や、不安を感じない方法を見つけたりしたい。そうしないと、落ち着いて物事を観察できないから。そして、自分なりの役割が発揮される喜びにたどり着きたい。そうすれば、ともかく生きては行けるだろうという予感はある。

2018年9月7日金曜日

ベルリン日々問い 11 セロトニン受容体

日本人はセロトニンの受容体が少ないのですって。
でもそれ以外の国々の人々はセロトニンの受容体がいっぱいあるんですって。
それによって何が違うかというと、心配の度合いなんですって。
セロトニンの受容体がいっぱいあると、いろいろ問題が山済みでも割とへっちゃらで生きていけるんだけど、それが少ないとちょっとしたことが心配で、不安とともに生きることになる。だから、それをさけるためには、日々きちっとするしかないということらしい。
なるほど。

ところで、ベルリンにいると、様々なトラブルが次々と起こります。たとえば保険会社がお金引き落とせなくなりました、とか。で、原因はわかりません。何にも説明もされません。今日お茶した友人によれば、はい、それがドイツです。こちらになんの落ち度もなく、でも突然そういうことが起き、それは誰も説明してくれず、それにこちらが対処しなければならない、ということだそうです。自分が気づかなければだれも教えてもくれないので、常に自分で注意していなければならないということです。は〜…は〜〜〜 …

でも友人は繰り返します。それがドイツだし、ヨーロッパの人たちはセロトニンの受容体がたくさんあって、そういう状況に慣れていて、誰も気に病まないし、実際のところ結局何とかなるので、慌てないほうがよくて、でも対処はしなくてはいけない、と。なるほど、慌てずにしかし対処をする。はい。わかりました。

友人とお茶した帰りに電車に乗ると、太ったおじさんがギター片手にへなちょこで無愛想な歌を歌っている。みんなに一緒に歌うように促すもだれも歌わず、、、お金も誰も与えず、ちょっとしたおちゃめな皮肉を言って(予想)電車を降り、電車の人々に向かってお尻を突き出してる。かなり笑える。ベルリンの人々の生き様は、それぞれの等身大のおかしみに満ちている。だからその中にもっと浸っていこうと思う。肩の力を抜いて。

2018年9月5日水曜日

ベルリン日々の問い 10 融通の効かないところ

日本に一時帰国すると、日本の人たちがどのくらいお互いに気を遣い合っているかがわかる。それは時には優しく、時には過剰で、お互いにお互いの首を閉めてしまうような場合も見受けられる。けれども、お互い自分い厳しくすることでトラブルが避けられているところは多々あるように感じる。というのも、ベルリンでは、例えばアパートを借りる時などに借り手も制限がなければいくらでも人を呼んだり泊めたり、騒音を撒き散らしたりしてしまうことがあり、そうなると貸主は徐々に厳しく制限をせざるを得ない。そんなふうに、なんでこんなに融通効かないのかな?とかなんでこんなに厳しいのかな?というルールもたまにあるのだが、その裏では、そうしないと図々しい人がとんでもなく図々しくしてしまう、という前提があるのかもしれない、と思ったりした。例えば、保険や何かの会費など、振り込みが遅れると滞納金や警告などが厳しい。この場合、お互いにお互いの立場に立ってバランスを取る癖ができていればお互いに甘えすぎたり厳しくしすぎたりでギスギスしたりイライラしたりすることを避けられるんじゃないの?と思ったりしてしまう。とはいえ、それぞれ国のバランスの取り方というのがあるのだろう。それが違うからといって、文句は言えない。慣れるしかない。慣れながら観察して、対応できる領域を広げるしかない。そうじゃないと、不安になったり、イライラしたりしてしまうから。せっかくなら楽しみたいし味わいたい。

2018年5月10日木曜日

ベルリン日々問い9 温泉の代わりの公園

ベルリンの公園は休みの日はとくに人で溢れかえる。様々な人が大変リラックスした格好で寝そべったり本を読んだり誰かと飲んだりしている。太極拳してる人もいるしマイムマイムみたいなヨーロッパっぽい踊りを話になって踊っている人々がいる。それぞれが自分のやりたいこと人目をほとんど気にせずやってるのって、すごくリラックスする。これはまるで温泉にいるようだなと思った。半裸同然の人も多いしね。露出度の大変多い水着、これは日光浴が目的だからと思うけれど、そういう格好だったり、それは海岸でよくある、自分の体を見せるということからは程遠い感じだ。普通の格好の人が日光を浴びたくてズボンとパンツをずらして半分お尻に光を当ててるすがたも見た。
私にとって温泉の代わりとなるこの公園でのくつろぎは今何ものにも変えがたい感じがする。

2018年5月7日月曜日

ベルリン日々問い 8 味わいと目的意識

自分が日々を生きる中で何がしかの目的みたいなものがなんとなくある時期というのはある。何か、知りたいことというのがあってそれに向かっているという感じだ。だけど、実際に作品を作る、という目的意識というのは、日々を味わってただただ生きるということをおろそかにするという場合もある。

今、日本を離れてどこか宙に浮いたようにベルリンに生きていると、鳥の声、鐘の音、空の色や春の空気にどっぷりと浸かることができる。

ベルリンで出会う人々はどこか享楽的とも言えるような感じだったり、そこまでじゃなくてもそれぞれの日々を味わうということにたけてると感じる。

一方、やはり生まれてきたからには何かを深めて、つまり様々な経験を経ることによって自分の中にある世界への認識を深めたいという気持ちはやはりあって、それは享楽的とは逆のような気もする。様々な時期を生きることによって、様々な角度から物事を見ることができるということは実際にある気がする。今の、どっぷりと今に浸かっている感じはそのうち自分の認識を深めることの一助にはなるのだろうし、あるいはそういった新たな経験への入り口ともなり得るのかもしれない。

新しい境地は、「目的意識」を取り除くことで得られる認識の深さ、みたいなところなんじゃないか、とは薄々思っているのだけど、作品を作るということの業の深さというか執着心というか、そういうのは結構大変なものなのだよなあとも思う。

2018年5月5日土曜日

ベルリン日々問い 7 「前提」に囚われず新しいノリはつくれるのか?


観察する視点が偏っていてもそれに気づかなかったり、ある前提をみんなで共有していて、そこ自体に歪みがある事もある。でも、みんなで共有しているという感覚が、「それが普通」「それが正当」であるとなってしまう場合が多い。歪みを感じて、そこから逸脱したいと思った時、それを理解してもらう事の難しさは、そういった「前提」にある事も多い。またその前提にたいして批評的に物を言う時に、やっぱり違う「前提」からの固定された視点でもって批評というより否定を平気でやってしまうことも多い。どちらもできれば避けたいし、お互いそれを避ける方法論を見つけたいとも思う。また、その「前提」を共有する中にある周波数みたいなもの、ノリと言い換えてもいいけれども、そういったものがあって、そこにノレない場合は会話が噛み合わないままどこにも行きつけなかったりもする。だから、そのノリをその場所で新しくみつけられるような関わり方があったらいいのかもしれない。あるいは相手のノリや体の状態に対して萎縮してしまうような場合もあって、その体の内側を観察するとどこかが本当に縮こまってるので、力を抜いたまま相手に対することさえ難しいこともあるから、簡単ではないが。

例えば、息子をホームスクールで育てているときに、この苦しさをかなり味わった。検証を一緒にしてもらえるような対話にはなりにくかったから。
教育について、食について、文化について、政治的傾向について、様々な問題についても言える。


ネトウヨと言われたりする人たちのノリの中にも、よく聞いてみるとわかる部分があって、それは戦争のあとの、日本で起きたことをもう一度内省する前に、外からの裁判という形で様々な可否を決してしまったという部分だ。そうなると、その結果に対して「不当」と感じることはある意味自然なこととも言える。子供が誰かに迷惑かけた時に、自分で何が起きたかを検証して反省する前に「反省しろ」「あやまれ」と言われると反発しか生まれないということもある。そういった、経緯をもう一回観察し直したり、それとは別に検証をさまざまな角度からしてみる、というのは必要なのかもしれない。そういうプロセスを、意見の違う人とどれだけ重ねられるかによって、関わりを創造的にすることもできる気がする。