2016年11月14日月曜日

水の駅

Kyoto experimentにて水の駅を見た。原作は太田省吾氏、演出はシャンカル・ヴェンカテーシュワランさん。この舞台には、私の友人であるスリランカ出身のヴェヌーリも出演していた。

ある一定の時間を引き伸ばされたような動きは、自分のプライベートトレースでも取り組んだ方法に近い部分もあるが、「演技」という側面では大きく違うのかもしれない。引き伸ばされた動きの中に含まれた感情が、神聖さを伴った何かに見えるシーンがあり、自分の深いところの何かが揺さぶられた。そのことが断片的であってもこの作品全体を覆っていた。

私にとって大きかったのは、「水」が象徴している何かで、それは記号を超えて私の中に何かを呼び覚ます。演劇では比喩が多用されるのが常で、それが頭を満足させるような知的経験として見えるときには私には何も伝わってこない。しかしそれ自体が「見立て」の効果、つまり呪術的な作用によって、体、あるいは心にもたらす臨場感というものがこれだけ強くあるのだ、という経験を、この劇がもたらしてくれた。それは、この劇を見たタイミング、自分の今直面していることと深く関係しているかもしれない。


直接社会的な問題に触れなくても、同時代に生きる人々の「生き死に」に強く働きかけることができるのだ、ということを学ぶ機会であった。

2016年5月12日木曜日

芸能と芸術 15年の実験履歴 韓国での上演を終えて

『15年の実験履歴』を福岡、シンガポール、横浜、光州(韓国)と4都市で上演して、ひと段落。
この作品の一つ一つのシーンは行うことというか方法論は同じでも、見に来てくれる人々や場や私のタイミングや様々な要素によって多様な結果になる。その一つ一つをこうだから良かったとか悪かったとか判断をすることはできない。そこに立ち現れたそのものが作品の一部だ。見た人にとってはその一場面の出会いだけなので、固定された何かと判断することもあるだろう。その何かを俯瞰した視点から価値づけできるか精査するという発想もあるかもしれない。でもそこにいる場所から響きとして受け取ってくれた人にとってはその人のその時の出会いとして響きがいつまでもお互いに続いていくような経験でもある。それがいい響きでであるとは限らずたとえば一つの違和感や不快感であっても、ひとつの問いとしてその人の中で続いていく何かかもしれない。

光州の上演のあと芸能と芸術の違いについて少し話題になって、自分なりに感じていることを書いてみる。それぞれの言葉がどのように定義されているかは、日本においてはかなり曖昧であると思う。それぞれの言葉が発生した経緯が違いすぎるし「芸術」という言葉はもともと日本にはなかったもので、言葉を線ではっきり区切るように定義する方法によって知的な考察をしてきた西洋文化の中から出てきた言葉だ。それは、俯瞰した場所から価値があるかを精査する視点に対して意識的であるような行為として生まれてきているのだろう。でもそれらがそれぞれの時代に反応し政治的とも思えるような動きをする時があって、それはその時代の中で互いのアウトプットに反応しあい、価値基準とされているものに唾を吐くような反応としてみることもできる。その反応の仕方はかつての芸能の姿に重ね合わせることもできるように感じる。そういったことがもし、今の時代に起こせるとしたら、アーティスト同士が互いに深く反応しあえるかどうかにかかっているし、それらを俯瞰した視点から価値があるかどうか精査する視線に睨みを効かせるような胆力が必要だろう。

最後に、「artissue」というWeb誌に書いた自分の文章で、大切な箇所を見つけたので、再度記しておきたい。

今起きている事に反応できるからだ、踊ってしまえるからだを、見ている人が取り戻せるようなダンスがあったら、ダンスに限らずそういったアイデアを誰かが出して行けるような場があったら、それが本来的に私たちの時代を別の時代の連続としてもう一度取り戻すことができる。そうすれば、新しい時代も開いて行くことができる、そういった可能性を夢想しています。

2015年7月3日金曜日

神道?仏教?そんなんじゃなくお宮!

今日、現在住んでる地区のお宮で行われる茅の輪くぐりの準備に行って来ました。
そこで、近所の雑草を摘んで準備されたものをプラスチックの輪にくくりつけて茅の輪をつくる作業をお手伝いしながら、その行事についてなんとなーく聞いてみました。
「茅の輪くぐりの意味はどんなことなんですか?」
「なんか〜、疫病とか払いよるとでしょ」
「この行事色々な所でありますね?」
「うん、お宮では大体みんなやりよるよね」
「お宮って神道の場所ですか?」
「いやいや、神道じゃなかよ。」
「じゃ、仏教とかですかね?」
「いやー、仏教じゃなかよ!」
「ですよね〜。何を祀ってあるんですか?」
「天照大神よ、伊勢神宮からね」
「伊勢神宮は神道じゃないんですか?」
「伊勢神宮の人は〜、神道って言いよるかもわからんね」
「は〜なるほど。でもお宮は神道じゃないんですね」
「うん、お宮は神道じゃなかよね、氏神様祀ってあるとよ」
「ご先祖様とかじゃ…」
「違う違う」
「かなり古いんですよね?ここのお宮」
「そうよ、ここらが出来たときからだから」

というような会話をしながら、そうだよな「神道」だの「仏教」だの線引きしたのはきっと明治以降なんだろうし、ずっと名もなき、他に二つとないその土地の神さまを分類する言葉なんてなかったのだし、その名もなき感じをずっと感じ取り続けたからだがここまで繋がれて来たんだな〜と感慨無量でした。

2015年7月1日水曜日

はじめての署名活動

生まれて初めて署名活動というものをやりました。
「玄海原発の再稼働に関して糸島市の同意見を求める署名」というものです。
しかも戸別訪問しました。もう、いろいろ嫌な記憶がたくさんやってきて始めるのに勇気が行った。例えば、店の宣伝をするバイトでやった戸別訪問とか、だいたい嫌がられるし、自分でも逆の立場だったらいやだと思うしとか。また、宗教の勧誘や販売で来る人の必要以上に流暢なしゃべりとか、一方的に質問を浴びせられたりとか、話を途切れないように続けざまにしゃべったり質問したりを織り交ぜたりとか、もう、本当に嫌な記憶がいっぱいなので、個別に訪問した時まずは怪しまれ、疎ましく思われるのは分っていながら行かねばならないわけで。
でも、無条件に話を聞いてくれるお年寄りというのはやっぱりいるのですね。そして、ご自身のお話を聞かせていただける。また、糸島の中でも原発20キロ圏内に近い場所の方々は、内心怖いと感じていたり、ない方がよいと感じていたり。でも、反対することへの精神的自主規制がとても大きく、誰かに見張られているように感じる空気感というものはやっぱり感じました。そんな中、大声で「原発はなくてよか!」と家族全員のお名前を書いて下さる方もいらっしゃる。もともと、原発に関していろいろな対話ができるような状況をつくろうというための署名でしたが、やっぱり「なくてよか」の人は話を聞いてくれるし、「それについて考えたり話したりはしない」というスタンスの人は話すキッカケというのがない、というのが現状だなと思いました。でも、小数派の人と邂逅する瞬間というのがやっぱりある。そういう瞬間のためにやる価値があると感じ、土地に関して私なりに何かやってる、繋がっていこうとしている、そういう実感がはじめて持てた一日でした。地域の行事とはまた少し違った、土地との愛情関係とでも言おうか…。もしかしたら土地というよりは「私たちという感覚」みたいなものを少し感じたということかもしれない。少しだけど、とても強い感慨があります。

2015年6月25日木曜日

関東での見学、トーク、WS、上映会

6月の2週目は関東へ行き、まず捩子ぴじん氏のリハーサルを見学する。直前のわりに落ち着いてる。つまり自分に普通に自信を持って試行錯誤できてる感じが、なーんか大人になったねえ、と本人にも伝えたほどだった。人としての成長も作品づくりにかかせないよね(私にとっても)、順調じゃん!と思った。この時点でもかなり興味深いシーンがあり、この先ますます練り上がって高まっていくのだろう。本番見れなくて残念だけど映像送ってもらう。

山縣太一氏の公演アフタートークをやる。
私が最初に「私的解剖実験−2」を上演したSTスポットで、その作品にインスパイアされたことがきっかけで今の太一の活動があると思うと、そうやって全身全霊で受け取ってくれたこと、そのことで自分をぶれさせずに立って自治的な活動していこうという流れになっていったこと、すべて本当にうれしいことだ。しかも、彼自身が受け取った事を彼の中で昇華していったことが作品に結実している。見事だった。彼に出演してもらった「私的解剖実験−4」のとき、観察することによってかなり苦しい思いをした彼だったが、まだ私も未熟で「観察」と「監視」は違うということを強調できずに、苦しい思いを防ぐことができなかったことを後悔している。後悔してもしかたがないけど、今彼に伝えたい事はそのことで、自分に対しても、人に対しても「監視」じゃなく「観察」だよと言いたい。どう違うかと言えば、「観察」は善悪の判断をしないこと。裁かないこと。これが「観察」の大前提だと、太一だけじゃなく今まで振付けに出演してくれたみんなに伝えたい。

連続ワークショップと耐久上映会をやった。
たくさんの人が参加してくれて、それぞれに切実な動機があって、それに答えることの重要さが大きかった。上映会でも、見てくれた人に役割があるそういう実感がとても大きかった。「私的解剖実験−6」は実際に上演したとき以上に、あのエッセンスを欲している人々との出会いが止まらない。そしてやっぱり重要なテーマは「観察」と「監視」は違うということ。みんな一様に自分に対する「監視」という枷を抱えている。「観察」は、ただ見る感覚。感じる、と言い換えてもいい。感じた事、認知したことに対して判断しない。たとえば「誰かを殺したい」という思いを抱えていたとしても、それをただ感じる感覚「観察」の感覚があれば殺したりしない。連続ワークショップの最後は「内発性」から声を出すワークだったけれど、内発的な状況に移行するときに、それらを邪魔している何かに対する感情が少なからず湧いてしまうものだ。それらは悲しみだったり怒りだったり恐怖だったりする。そういった感情が湧いて来るからこのワークは危険な部分もある。そういったときに「観察」がないと、より危険になると思った。「観察」の感覚を手放しさえしなければ大丈夫。そして何かあったときにそこに戻れる。しかし「観察」できる力にはおそらく時間がかかるから、本当は長期のワークショップが必要なのかもしれない。

2015年6月22日月曜日

大阪 逍遥と学びの旅その五 七墓巡りと語り

しばらく滞在させていただいた逍遥舎を立ち上げた陸奥さんにやっと再開し、七墓巡りをしました。地図を片手に大阪の街をぶらぶらあるきながらかつての街の様子が透けて見えてくるような、別の層を手探りするような巡りをしながら、陸奥さんが何かに取り憑かれたようにパワフルなトークを繰り広げる、ライブを聴いてるような感じ。ご一緒した皆様がまた素敵な方達でした。大阪のことに詳しい方や、自給の生活を模索してる方、民俗芸能調査クラブで一緒に活動してる武田さんとか、いろいろな人がいて、知ってる人どうしも多い。知らない人でもなんらかのキーワードで繋がってたりしていました。

語りでは引き続き来てくださった方、新しい方入り混じって陸奥さんが知っているたくさんの大阪の話を聞き、最後にわたしの考案した「間にあるもの音頭」をちょっとだけやってみました。陸奥さんがすごく反応してくれてるのがほんとうれしかったです。踊りも、わたしのダンスから出発したものが全く未知なところに転がってみんなでそれを踊ってみる瞬間、つながる瞬間がかなりワクワクします。この取り組みが、8月のお盆の七墓巡りでいい感じに練られていくといいなあ。興味のある方ぜひご参加下さいね。

2015年6月19日金曜日

大阪 逍遥と学びの旅その四 求めるものを知る人々

関西方面で出会った人たちはみな、それぞれに自分が何を求めているかということを言葉にできる人たちだった。そういう人々にこれだけの確立で出会うというのはすごい。例えば、舞台表現としてのダンスや演劇、音楽には興味ないけれど、人と人の関わりや、そこに役割を持ったりする即興の何かに興味があり、コンタクトインプロビゼーションにも最近興味がわいているという若者に出会ったり、劇場で行われるような演劇には興味が持てないけれど、街の中で何かが起きるというような演劇にはとても興味があるという女性がいたり。私が若かった頃は、とにかく「野田秀樹」になりたい、とかいうレベルの低いあこがれから今のような表現に辿り着いたけれど、なんかみんな意識高いなあと思った。陸奥さんをはじめ、ココルーム、無職イン レジデンス、たんぽぽの家の様々なイベント、佐久間さんのかえるオールナイトピクニック、花嵐をやってた時に出会った伴戸千雅子さんの取り組みなどなど、関わりに役割を持つ場を作ったり実験を行ったりしている人がすごーく多い。それぞれ自治意識が高かったり、人と人の線引きが薄かったりすることにも要因があるのかもしれない。そういったところでいろんな人が出会ってまた何かが始まるというような肥沃な土壌に感じる。